噛み合わせの矯正費用について

噛み合わせの矯正費用というとどうしても高額なイメージが否めません。それは噛み合わせの矯正費用には保険診療が適用されないためでしょう。

虫歯の治療では患者負担は3割で済みますが、矯正費用は全額自己負担になります。そのため費用はどうしても高額になってしまうのです。

矯正費用の内訳は主に、矯正診断費用矯正自体の費用毎回の処置にかかる費用です。診断費用の相場は数万円ですが、この診断費用もすべて自己負担です。矯正自体の費用については年齢や状態、方法、矯正にかかる期間、治療機関にもよって差が出てきますので一概には言えません。歯科医院によっても数万から数十万の幅があるようです。治療を始める前に治療方針のほかに費用についても歯科医としっかり相談すべきでしょう。矯正は矯正歯科の他、美容外科でも受けられます。しかしどこで受けるかによって、その費用が確定申告の際の医療費控除の対象になるかどうかに差があります。矯正歯科で歯列矯正した場合は、その費用は確定申告の際の医療費控除の対象となります。噛み合わせの矯正が「治療」と見なされるためです。しかし美容外科で矯正した場合は医療費控除の対象にはなりません。美容外科の場合はキレイにするのが目的だと見なされるためだからのようです。

噛み合わせでお悩みならこちら!

噛み合わせ治療のことなら新宿デンタルオフィス
噛み合わせ治療のことなら新宿デンタルオフィス噛み合わせの矯正をお考えなら、新宿デンタルオフィスがおススメです。初回のカウンセリングは無料でおこなってくれ、料金体系もホームページで確認できるので安心です。矯正歯科なので医療費控除の対象となる点もうれしいですね。
Posted in 噛み合わせ治療基礎知識 | 噛み合わせの矯正費用について はコメントを受け付けていません。

噛み合わせの治療には抜歯が必要?

矯正噛み合わせの矯正には、必ずしも抜歯が必要というわけではありません。しかし噛み合わせの矯正には抜歯が必要と考えられている方は案外多いかもしれません。

 歯を抜くか抜かないかは患者にとって大きな違いです。抜歯が不安で矯正をためらわれる方もいらっしゃるでしょう。
実際、矯正前のカウンセリングでも「抜歯をせずに矯正はできないのですか?」といった質問が多いようです。歯科医師の中には出来る限り歯を抜かないで治療をすることをモットーに掲げている方もおられます。検査を精密に行い抜歯しないで済む矯正方法を考えてくれるようです。

抜歯をして矯正した場合、矯正して正しくした噛み合わせが将来的に崩れてしまう可能性が高いとも言われています。抜歯せずに矯正した場合はこの可能性を低く抑えられるメリットもあります。

しかし噛み合わせの悪さが重症の場合や、顎の大きさの問題からどうしても抜歯が必要な場合もあります。

まずはカウンセリングを申し込んで歯科医師に相談してみましょう。カウンセリングを無料で行っている歯科医院は多いので、複数の医院で相談してみるのもよいでしょう。”

Posted in 噛み合わせ治療のポイント | 噛み合わせの治療には抜歯が必要? はコメントを受け付けていません。

噛み合わせの治療なら矯正歯科を選ぼう

歯科の診療科のひとつである矯正歯科では、不正咬合と称される噛み合わせの悪さや顎変形症を専門的に治療しています。

歯の矯正というと私たちはどうしても見た目の歯並びの美しさに注意を向けがちですが、ただ歯並びが美しいだけでは健康にはなれません。健康の維持には噛み合わせの良さが重要なのです。
噛み合わせの悪さは肩凝りや自律神経失調症をはじめとした不定愁訴やその他の疾患を引き起こす原因のひとつと言われています。不正咬合を専門とする矯正歯科では、噛み合わせを正常に戻す矯正治療によりこういった疾患や症状の改善につなげています。

健康を維持するという観点から、噛み合わせの治療は矯正歯科で行ったほうがよいといえるでしょう。

また矯正歯科での噛み合わせ治療は、見た目を美しくする「美容」ではなく「治療」とみなされます。

「治療」は医療費控除の対象になりますので、この点においても噛み合わせの治療には矯正歯科を選ぶべきといえるでしょう。

ピックアップ

噛み合わせが悪いなら治療しましょう | 新宿デンタルオフィス
噛み合わせが悪いなら治療しましょう | 新宿デンタルオフィス
噛み合わせの悪い方におすすめなのが「新宿デンタルオフィス」!噛み合わせの悪さは軽度なもの~重度なものまでありますが、放って置くと症状は徐々にひどくなっていきます。適切な医師の治療が重要なのです。
新宿デンタルオフィスの住友院長は顎関節症の専門医師なので安心ですね。気になる方は、まずお問い合わせをおすすめします。
Posted in 噛み合わせ治療のポイント | 噛み合わせの治療なら矯正歯科を選ぼう はコメントを受け付けていません。

噛み合わせの矯正に必要な期間

噛み合わせの矯正には少なくとも2年から3年はかかると考えておいたほうがよいでしょう。
ひとによっては3年以上かかる場合もあります。

また症状や状態によっても治療期間に差が出てきますし、歯科医院の治療方針も治療期間に大きく影響します。一般的に若いひとの矯正治療のほうが年配の方と比べて短い期間で終わる傾向にあります。
それでも年単位の期間は必要です。若いひとの場合、歯の動きも良く矯正がスムースに進むようです。

 しかし若ければ若いほど期間が短くなるわけではありません。子どもの矯正では治療期間が大人よりもずっと長くなる場合もあります。子どもの場合、歯の生え変わりやあごの成長を考慮しながら矯正治療を行いますので、長い期間が必要となってくるわけです。

 また矯正が完了し噛み合わせがよくなっても、日々の生活により噛み合わせが変化こともあります。治療前の状態に戻らないように定期的に歯の健康診断を受けましょう。経過をチェックしてもらうことでよい噛み合わせの状態をキープすることが可能になります。

Posted in 噛み合わせ治療基礎知識 | 噛み合わせの矯正に必要な期間 はコメントを受け付けていません。