噛み合わせの矯正に必要な期間


噛み合わせの矯正には少なくとも2年から3年はかかると考えておいたほうがよいでしょう。
ひとによっては3年以上かかる場合もあります。

また症状や状態によっても治療期間に差が出てきますし、歯科医院の治療方針も治療期間に大きく影響します。一般的に若いひとの矯正治療のほうが年配の方と比べて短い期間で終わる傾向にあります。
それでも年単位の期間は必要です。若いひとの場合、歯の動きも良く矯正がスムースに進むようです。

 しかし若ければ若いほど期間が短くなるわけではありません。子どもの矯正では治療期間が大人よりもずっと長くなる場合もあります。子どもの場合、歯の生え変わりやあごの成長を考慮しながら矯正治療を行いますので、長い期間が必要となってくるわけです。

 また矯正が完了し噛み合わせがよくなっても、日々の生活により噛み合わせが変化こともあります。治療前の状態に戻らないように定期的に歯の健康診断を受けましょう。経過をチェックしてもらうことでよい噛み合わせの状態をキープすることが可能になります。

This entry was posted in 噛み合わせ治療基礎知識. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります